2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2月17日 その3 | トップページ | 発表。 »

2月17日 その2

すいません順番逆ですけど その2書きます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

次に母ちゃんの兄貴つまり伯父さんに連絡してみる。

携帯は知らないので、自宅に連絡。出ない。焦る。

少し考えて、古くからの友人の名前が思い出せた。電話番号検索

おっ、携帯の番号も登録してあった。

電話してみる。・・・・・・・繋がった・・・・・・・・でた!

『おー○○どないしたん』

「あのな、母ちゃんが大変らしいねん。ほんでとりあえず行ってやって欲しいんやけど」

『えっ、おばちゃんもな、今病院やねん。』

うそ。早いなあ。

と、思ったらどうやら、自分の病気の方で違う病院にいるらしい。

んで、とりあえずあと2~3時間程かかりそうだが、終わったらそちらに向かうとのこと

『どこの病院なん?』と聞いてくる。

病院の名前を言うと、すぐ分かったとのこと

(どうやら、後から分かったが入院した病院は当たりの病院らしく【大学・国立ではない】

県内の私立の脳神経の方では有名らしい。地元の友達も知っていて、逆にまず病院の

名前を言ったら『えっ、ほな脳の方なん』と連想された。そういう意味ではよかった)

一通り連絡して、どうしようと考える前に、

母ちゃんの携帯から連絡が!!!

「もしもしっ、おいっどないしたん。大丈夫なんか?」

『あーーもしもし。看護婦さんから聞いたあ。入院することになったんよ』

『頭が痛くて、・・・・・・・・』その後の言葉は聞き取りづらく、判別つかなかった

声色が変わり『あー、息子さん?△病院の□□です。どなたか連絡取れました?』

「えっ、あのまだですけど(すいません、書いてから気づいたけど、この後に母ちゃんの

友達に連絡していた)親の方は大丈夫なんでしょうか」

『今はMRIの結果によりますが、おそらく脳梗塞の疑いもあります。ところで今息子さん

は東京ですよね。ちょっと来るのは掛かりますかね(時間が)』

ちょうど今仕事場は羽田空港だった。

私のすぐ20m近くを着陸したてのANAボーイング747が悠然と通りすぎる最中だった。

「大丈夫です。今羽田空港ですから」

看護婦さんびっくり、俺こんな流れにある意味感動。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とにかくすぐに事務所に帰り

直近上司の課長へ連絡。コールしたけど留守電に。

留守電に「親が倒れたので帰ります」と残す。

次に今日予算決めの打ち合わせを行う予定だった先輩のところへ

「お疲れ様です。○○です」

『おーお疲れ。メールでもらったやつだけど、5時じゃ遅いなあ。もっと・・・』

言葉を遮り

「すいません。親が倒れたので。帰ります」

『???・・・・・・分かった』

この先輩この後も絡んでくれるが、実に迅速でなおかつ情報収集が早い

ちなみに後からの連絡で、乗った飛行機も調べていた

(おそらく同じように空席案内を調べたのだろう)

おかげで現在の状態で病院にいられるのもそのおかげだと思う。

ありがとうございます。K先輩

そのあと他業種の方(同じ事務所にいるひと)に連絡。

事情を話し、ちょっとフォローお願いすると、分かりましたとのこと

最後に元請の事務所へ(ウチの事務所の上にあるので直接向かう)

所長はいないが、課長がいたので訳を話し、この場を離れることを伝える

返事『あそう、分かりました。それでね、ここのこれなんだけどこれでいいの・・・・』

あえて書きませんが、普通の人が感じると思われる思いを感じました。

所詮別の会社の人間のことだから関係無いのか。普段なら心に引っかかりそうだが

そんなこと相手してる暇はないので、さっさとお答えして出てきた。

事務所戻る。ちょうど12時

まず、ネットで飛行機の空席確認する。

ANAの空席情報・・・・・・・本日は満席。マジでかい。やばいなあ、金曜やし

すぐさまJALの空席情報へ・・・・・・たのむよ・・・・・

普通に空席あり。しかも、午後便2本ともOK

そういえば、時事ネタ的には内紛だの、ちっさいミスなど散々たたかれていましたねえ

そらー、お金同じで時間もそんな変わらないなら、明らかに危なく無い方を選びますねえ

しかし、今の俺には関係なし。15時40分発抑える

とりあえず食欲があるのか無いのかよく分からないが、後で食べる暇も無いと思ったので

弁当を食う。うまいかまずいかわからない。途中でやめる。

そのあとは2時まで仕事をする。

どうなってるのか想像しても思いつかず、いい想像もしない。

なら仕事のこと考えている方がなんぼかまし。

で、いつもの倍くらいの勢いで仕事をかたづける。

3時第1ターミナルにてチケットを購入中に知らない携帯番号より電話。

でる。

『おー○○か、おいちゃんよ』伯父さん(母ちゃんの兄貴)だった

『どこにおるんぞ。いつ来れるんや』

「いま空港。これから飛行機乗るから」

『そうか、わし病院におるから着いたら連絡せい』

「(母ちゃんは)大丈夫なん。どない?」

『大丈夫やけど、先生も話あるみたいやからもんてこい(戻ってこい)』

久々に聞いた声だった。が、とにかく急がなくては。

売店でタバコを買い貯める(と、言っても2箱分)。なんか、そんな気分にさせられた。

俺を乗せたボーイング777は定刻を10分遅れで出発することとなった

その3へ

« 2月17日 その3 | トップページ | 発表。 »

「脳梗塞」カテゴリの記事

コメント

再アップお疲れ様。
無理してるなぁと思ったけど
なにかしていたい気持ちも分かるからなぁ

少しずつでもブログにアップしてくれたら
心配してるみんなも気持ちがつながるから
これからも経過おしえてなぁ

かーちゃんと久しぶりにゆっくりたっぷりしゃべってきたらいいよ
地元の友達ともどんどん会っておいで

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105107/8795988

この記事へのトラックバック一覧です: 2月17日 その2:

« 2月17日 その3 | トップページ | 発表。 »