2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

おめでとう王JAPAN

祝、世界一!!

野球日本代表!!!

カッコいいぞ、イチロー!松坂!

すごいよ王さん。

昼からビールが進んだよ5回くらいまで・・・

9回裏3アウトまで1滴も飲めなかったけど、サイコーだ!!

サッカーとはまた違う喜びだ。

そして、イチローあんたすげーよ。惚れ直したよ。

あと上原、日本で見たいけどMLBで見たいなあ、ナベツネ…

えがった、よかったよ。

そういえば日曜日

地元に帰って何をしているか?

そらー、かあちゃんの看病・・・もしているが、だいぶ元気なったし。

だいいち、そんなに間が持たない。(そりゃ、言いすぎかな)

てことで、この前の日曜の状況について、いつものおおすご調に気楽に進めてみる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

午前中。とりあえず9時くらいに病院へ。

かあちゃんどないや~

爆睡!!!

起こすのも悪いし、また夕方こようとそそくさと、ナースステーションに挨拶して病院をでる

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

やることないなあ、パチンコでも行くか。

黒ボンByエボ5でどこのパチンコ屋か決めず出発。

車内で考える。

(パチンコする→博才の無い俺。見事に負ける→喪失感)

やーめた。結局30分ほど適当にドライブしてまた駐車場に戻る。

そういえば、パソコン買ってまけてもらえなかったが商品券1万円相当をもろてた。

家に帰り、ちゃりんこで電気屋へGo!

。。。。。。。。。。。。。。。。。

欲しい物が無い。活気の無い店だ!

しょうがないので、パソコン関係の本を買おうと物もってレジへ

商品券3000円分出す。

「お客様、書籍類はこちらの商品券ではお取り扱いできません」

プチッ!

『じゃ、いらねえ』

商品券奪い、本をレジ係りに渡し、そそくさと店をあとにする。

出た、向かいにジーパン屋。

そういえばダイエットしたせいか、Gパンがでか過ぎて、ベルトで締めたら余りまくる。

よし、買いに行こう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

感動!!!

だって2インチも下がったもん。

鏡で見たら、カコイイの ズボン が!!

これがダイエットのもっとも優越感に浸れる時間だね。

即効買いました。

裾直しの間に本屋へ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

元々、午後にスーツを買いに行く約束を地元の友人としていた。

で、午後に合流して、この地方都市の2大百貨店へ繰り出す

高○屋

バーバリーブラックラベル  :もっとも期待していたが、会うのが見当たらない

ポールスミス :かっこよかったけど、店員がむかついた

タケオキクチ :今回TKは買わない予定だった(じゃなんでみるねん)

コムサデモード :この時点ではもっとも良かったかも

場所移動して

三○

バーバリー :高っけー。でも値段だけに生地がいい

メンズビギ :この時点でトップ。でも欲しいやつのサイズが無い

ニコル :ここの服はいいだけど。スーツはいまいち

ヒューゴボス :バーバリーでこりて、近寄らず。

結局決めて無いまま、悩んでいると、友人Mが

「最近出来た店行ってみる?」

即決、行くことで決定。

んで、到着。

散々見て疲れたのもあるが、最近のトレンドも理解できていた

黒の2B。これがジャストフィィィィィィット。調子に乗って、パンツも試着。

さらにジャストフィィィィィット。

おっ、これユナイテッドアロウズ。これにしよ。

決定。

店のおにいちゃん、必死。なんとか買わせようと。

でも、結構詳しいし、こっちの意見をよく聞いていいもの出してくれたのでOK。

結局、友人の教えてくれたお店で購入。

ちなみに、このスーツは4月初旬に結婚する親戚の結婚式できる為のもの。

かあちゃんと2人で出席するのに、かっこ悪いのは着てられんと新調した。

(もっとも、ちょっと2人での出席は厳しくなってきているが、看護疲れやいかにもその為に、

準備できず、ボロボロなんて見せたくない。かあちゃんの為にもカコイイ感じでいくよ!)

しかし、ここでも痩せる快感を覚える。いままではジャケットとズボンがサイズ合わず

なんてことしょっちゅうだった。しかーーーし、今回はどんぴしゃ!そのスーツのいい形が

出ている。俺サイコー。

さんざん連れ回した友達2人にロッテリアご馳走し、解散。病院へ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕食どき。かあちゃんおきてる。しかも、腹減っているらしい。

夕食完食。しかも、腹減ったらしくあんぱん要求。

あんぱんその他、色々パンを買ってきて、一緒に食べる。

かあちゃんの幸せそうな顔、本人も大満足だったようだ。良かった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夜、温泉へ。

て、言うかね。うちの地元は有名な温泉地。銭湯→温泉となる。

しかも、普通に高校生とかが部活の帰りとか、遊びにいく締めで入浴する。

裸の付き合い。いいよね~。HG的ないいよねでは無いよ、絶対に!

ちなみに、高校生くらいの年で男女で来ている君ら!

そんなに汗かくことしとったんかい。しかも、俺の目の前で髪の嗅ぎ合いすな!

o..................................................................................rz

話戻して、今日一番のびっくり。

風呂入って、のーんびりしてる。長湯するので、途中で風呂の縁石?で休む。

まあ、気にしてみてるわけではないが、ゾウさんが見える。

見比べている訳では無いが、とあるオヤジのゾウさんがなぜか目にはいるその瞬間。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぅぅぅぅ!!!!!!!!!!

鼻の途中にイボがある!!!!!!!

亀さんのそばなら○珠!?かもしれんが、途中よ!しかもちょうど正面側。

先生、それはすごい武器じゃないですか。あわわわわわっっっ。

忘れませんそれは・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さらに小ネタをひとつ。

サウナに入っていると、サウナ内にテレビが見えるようにしてある。

その日は日曜洋画劇場「トゥームレイダー2」を流していた。

サウナに居てしばらく、俺が出る時間にアンジョリーナ・ジョリーの濃厚チスシーンぐゎっ!

アンジョリーナ、相手のくちびる食うてるぞ、それ。

俺は、予定の時間が来ていたので、でましたが。(予定の時間が来たからよ。ほんとに)

それから、ちょっとの間アンジョリーナのGoo Jobが!!

しばらくサウナから人が出てこなかったのは、何でだろう!?僕分からない??

まあ、還暦過ぎたおじいちゃんは普通に出てきたけど。

そんな日曜が過ぎていった。

3週間経って

かあちゃん入院して早3週間。

ちゃんと、状況を上げようと思ってたけど、ままならずでした。

そんな自分を反省しながら、今の状況について

木曜にMRIを撮ったようで、土曜日見せてもらった

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

緊急入院した17日のMRIによる頭部の写真は衝撃だった

右側頭部前側の2/3が黒く澱んでいる。普通の状態でないことはすぐに分かった。

この時まだかあちゃんは、自力で立ち上がり、左側の手足の動きも変に思えなかった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

容態が悪くなったのは、それから4日後のことだった、月曜帰った俺に翌日連絡が入る。

容態が悪いので、個室に入るとの事だった、翌日水曜21日に容態に関して医者から聞く

その内容は、手術の可能性があるかも知れないということだった、そしてその時と言うのは

植物人間として延命をするか、しないかと言うことだった。

そのときにまた考えてくれればいいですから、とお医者さん。

今でもそうだが、はっきり言って受け入れてない。そんな事は…だから、無視していた。

。。。。。。。

この日から、しばらく同じ病室で、付きっ切りとなる。

毎日、弱っているかあちゃんをみて、夜は常に「頭が痛い」とうなる横で

買ってきたノートPCを、無心で叩く。

かあちゃんは当然辛かったと思う。

横でその状況をリアルに見ていた俺も、無関心を装っていたが、

平常心なんて無かったと思う。正直、楽にしてあげた方が良いのかとも思う部分もあった

でも、俺のやることはすべてを受け入れ、見てあげることがやれることだと思って決め付けた。

。。。。。。。。。。。。

こうして3月に入り、少し容態も落ち着き常時付き添いは無くなった。

そうして今を迎えているが、今は頭部の腫れも引き脳梗塞としての危険性は減ってきている

しかし、左側の手足の動きは当初より悪くなった。

悪くなったというより、正しい症状になったという方が正しい気がする。

それくらい、頭部内部は悪い状態だった。

ただ、良かったのは言語系統はそれほど問題無いということ

本人もそうだが、周りの人間はすごく気が楽なきがする。

。。。

俺もなるべくかあちゃんへの接し方は、以前と変わらないようにしている。

発表。

突然ですが、発表します。

小生、生まれ故郷へ帰ることにしました。

理由は先にブログしている通り、母の看病の為です。

本日、会社の上司にも地元へ戻る意思を伝えました。

会社に関しては、これからの打合せになりますが、現時点ではどうなるかは不明です。

おそらく、4月中旬には地元への引越を完了したいと考えています。

これから、しばらく忙しい日々が続くだろうけど、きっとあっと言う間に過ぎてしまうのでしょう。

結構、普通の気持ちで悲観もしなく平常心でいたのですが、昨日の地元から羽田への飛行機内

到着は夜ということで、ちょうど着陸間際窓からは飛行経路の房総半島の夜景が見えていました。

それまで、地元に戻ることに対してなんの感情も持っていなかった。

まあ、あまり現実を間に受けたくなかったのかもしれない。

その、飛行機からみる町の明かりを見て、急にいろんな感情が押し寄せてきた。

この町には明かりの数だけ面白い事がいっぱいあるんだろうな。

俺ってまだ関東でまだ行って無い所、やってない事がたくさんあるなあ。

もっともっと今の所に居たいなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕はひとつだけ分かったことがある。

「後悔のしない生き方をしよう」「今の一瞬を大事にしよう」

普通に盆暮れの休暇から帰京する時は、羽田空港を見ると

「また、都会の中で戦わなくてはならないんだな~」とうんざりしていた。

昨日の景色はまったく違った。

空港の少し赤み掛かった明かりが、とっても悲しく見えた。

なんか、読みにくい文章ですいません。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »