2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 九州旅行その2 | トップページ | 九州旅行その4 »

九州旅行その3

九州レポ第3弾です。

3日目

小浜温泉→長崎平和公園→グラバー園他→吉野ヶ里遺跡→福岡・中洲(宿泊・屋台街)

の順になります。

P7120005 朝です。とっても温泉地らしい風景です。

山の静けさもいいけど、海の波の音もまた良いですね。

朝風呂もGood。

P7120006 対岸の長崎半島もうっすら見えます。

本日はあちら側へ行くんですねえ。

結構遠いなあ(^^;

P7120002 朝ごはんです。

シンプル イズ ベスト。

当然完食致しました。ご馳走さまでした。

P7120010 宿泊先のグランビューうおみさん。

かなりお値打ちのお宿です。

また利用したいですね。

P7120016 車から見る、橘湾と小浜の温泉街。

晴れてて海もきらきらして最高でした。

Photo_11 一気にワープして長崎平和公園へ。

大体小浜から1時間20分くらいだったかな。

昨日以上に気温上昇、この後ラムネを購入。5秒で飲みきりました。

P7120030 平和公園からグラバー園まで距離があるので移動。

平地が少ない分、主要道路は混雑していました。

しかし、観光ポイントが多い。今度来るときは1日フル活用せねば。

Photo_12 グラバー園近くの四海楼そばにこんなもの見つけました。

わが国ボウリング発祥の地!

かすてらの他にもボウリングも伝わっていたんですね

P7120036 大浦天主堂です。

平日でも人が多い!

しかし、今でも普通の教会として使用しているようです。

歴史を感じさせてくれます。

P7120083 グラバー園内、グラバーさん家です。

いま見ても良いお家ですね。

しかし、増築を繰り返してこの状態になったようです。

Photo_13 ばてばての29歳。

ちなみにこの部屋にはエアコンが設置されていたので

みんなここに来るとしばし休憩していました。

P7120055 長崎市内が一望。

昔の人もこんな空を眺めていたのかな。

町並みはぜんぜん違うだろうけどね。

P7120094 戻ってちゃんぽん発祥の地 四海楼にて昼食。

当然ちゃんぽんを食す。

他に旨いとこあるのかもしれないけど、定番OK。時間ないし。

Photo_14 孔子廟・中国歴代博物館

エライ方々の銅像がいっぱいありました。

エロイ方代表として、参加しておきました。

Photo_15

オランダ坂です。

結構な勾配ですし、結構普通の道として車がバンバン通るのでびっくり。

ふと思ったのは、長崎で路上教習したくねえなあ~

坂道発進はあんまり得意じゃないのよねえ。

駐車時はギア入れっぱなしはここでは当たり前か!

P7120121 予定オーバーしながらながさき出島道路を通過。

長崎ICから東脊振を目指します。

東背振って最初読めなかったorz

P7120124 そして佐賀・東背振。吉野ヶ里へ

四国より移動の感覚が短いなあ。

やっぱ、九州の方が開けとるね。

P7120136 吉野ヶ里遺跡へ到着。

おおぅ、歴史の教科書以来の風景。

小学生の頃の知識がよみがえるぜい。

P7120149 エロイ方もといエライ人がいたと思われる場所。主祭殿

まつりごとのを行う中心地だったようです。

P7120154 中に入ることも出来ます。

人形で再現しています。

みなさん真剣なご様子で・・・

P7120138 しかし、広い・・・

しかも、気温35度。ちょっと熱中症気味でした。

ちなみにまだまだ造成中でもっと広がるみたい。かんべんして・・・

P7120171 そいでもって、宿泊地は博多華丸。ハンターチャンス。

憧れの中洲です。

いいねえ、この騒がしい感じ。

P7120172 夕食は屋台街。

わたくし、興奮しております。

酒をくれ!酒を。

P7120173 博多長浜ラーメンだ!!!

こってり細麺でうまかった。

また喰いたくなってきた。

P7120189 ホテルに帰っても飲み飽き足らず、お土産の明太子を1つ食す。

酒の友としては最上級だなこれは。

てな感じの3日目でした。

« 九州旅行その2 | トップページ | 九州旅行その4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ワープって単語を十数年ぶりに聞きましたY。
ワープマンをやりこんだ日々が思い出されて泣けてきました。
こっちにおるうちに、一緒に博多行きますか。博多っていうか中州。中州。嗚呼中州。
近いうちに、友人のケコーン式で行く予定やけどね、呼ばれたら(笑)

しかしあらためて行程見ても長い。まだまだヤング。

いや、レポ続きますね。
平和公園では20年前に野宿しました(汗
その時は朦朧とした意識の中、夜中の2時頃観光バスで乗り付けた団体が平和の像の前でなんだか分らない祈祷をして去っていきました。

ボウリング発祥もだけど雲仙はゴルフ発祥だったかな。
玉転がしコロコロ。

> おおぅ、歴史の教科書以来の風景。
> 小学生の頃の知識がよみがえるぜい。

歴史の教科書も日々進化していて最近では稲作は縄文式かそれ以前に始まったと分ったらしいね。

主祭殿の中の人・・・のっぺらぼうで怖いんですけど。
後ろに混ざった、ぶー様ものっぺらぼうにみえますがな(汗

九州はやはり長崎の印象が強いね。
またゆっくりと回って見たい気がする。
それと食べるのは博多ね!
あの雰囲気はのん兵衛には堪らないものがあるよ。

残すはあと一日だね。ワクワク☆

>まこちゃん=ばんば氏
理想は 砂岩鳥栖VS愛媛FC(鳥栖)→愛媛爆勝→中洲へ移動
勝利を祝い、伊予魂を歌い呑む。
どうこれ。

>てむ様・嫁さま(^^;
いやどこでもエピソードを持っておりますねぇ。
祈祷してた人々は「しょこー、しょこー」とか言ってました。
それとも「パナウエイブ」なんとかってとこ?
あ、だから色揃えたくなるとか白に対抗黄色!!
(今年の安曇野オフの怪しい地元メディアさん・・・どしたんだろう)
確かに、長崎はホントに見ごたえありますね。
観光都市としても、充実してるし。

博多中洲はねえ、西の新宿って感じですね。
西日本の人間には、居心地の良い場所感じです。
てむさんと回ると楽しそうだな。

長崎は全然別の観光ルートですね・・・平和公園、大浦天主堂、グラバー園、これは全部AYAが以前両親との旅行で回ったと言われカットになりました。やっぱり定番の場所は見ておくもんですよね・・・^^;

九州の市街地は坂だけじゃなくて路面電車も多くて教習は大変そう・・・あと県外人にとっても走りづらい・・・あっ愛媛も路面電車はあるから慣れてます?

こちらもお返事。
路面電車って、結構色んな町にあるんですよね~
それも各所色んな特徴がありますが、軌道内での右折待ちはしないように・・・
お客から白い目で見られますよ。

定番って安心しますね。それと同時に大体イメージより大きい
場合が多い気がします。
平和公園の銅像も「えっ、こんなにデカイの!?」
グラバー園も「えっ、こんなに広いの!?」
あっ、俺がちっちゃい人間だからか!納得。

あそっか、納得♪

ええコースを企画しますな、それで行きますか。
ほいでいつぜぇカクニンニン

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105107/11064009

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行その3 :

« 九州旅行その2 | トップページ | 九州旅行その4 »