2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 天皇杯 浦和VS愛媛FC | トップページ | 新年の豆腐。 »

ACミカンへ (ACミカン=愛媛FC)

元々別にサッカーが好きな訳では無かった。

それは、たまたまACミカンがJFLからJ2への昇格をして開幕時期に

地元に居た為、サッカー好きの友人に連れられて観戦に行ったのが始まり。

気が付くと、その年10回くらいは観戦に行っていた。

それは、確かに開幕戦はかなりの観客だったが、その後はJ2上位や人気チームの

試合とは大きく違いお客もなかなか増えない、試合ももどかしい試合が多かった。

でも、そんなこんな見ている内に何時の間にかサッカーの試合の見方が

やっとこさ解って来た気がした。それと同時にうまい下手では無く、勝とうとする意思を

選手が勝ちたいと表現する姿を見たいと感じる様になった。

そして、彼らはその舞台をアジア王者撃破として形作った。

ACミランには最強の物語があり、浦和レッズにも最強への挑戦物語がある

ACミカンはまだ本来その物語の表紙を書いてる途中かもしれないが

いいじゃないか、勝ちまくって先に序章くらい書いてしまえ。

23日地方チームの夢をもう少し見させて欲しい。

ミカン王国の生まれで良かったと思わせて欲しい。

欧州リーグのようなエレガントなサッカーはそこには存在しないかもしれないが

郷土愛と格差社会への挑戦が秘められた少しすっぱいミカンの味のサッカーがある

そのすっぱい味を小生の応援で少しでも甘くできればいいな。

ミカン王国にとってのCWC天皇杯は23日VS川崎フロンターレ。

ちなみに、彼らのHPにはSTOP!EHIMEとして

応援者になっちゃん(オレンジ)を配るらしい。

オレンジを飲み干せってかい?

あほかぁ

なっちゃんがポンジュースに勝てるか!!

« 天皇杯 浦和VS愛媛FC | トップページ | 新年の豆腐。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

毎年この時期には田舎の両親が会社宛に地元のミカンを箱詰めで送ってきます。
今年はその「大長みかん」を食べ終えた頃に、あるクライアントから愛媛のみかんが送られてきました。
箱を見ると(控える間もなかったので失念しました)、何とかいうブランドもの。
高そうだなぁと思いつつ食べてみたら、そのあまりの甘さに驚きました。
と、同時に、ACミカンの事を思い出したりして。

実は浦和対愛媛のゲームは観れませんでした。その次の横浜との試合も。
(TωT)。
なので、名鑑を紐解きましたが、愛媛の選手、本当に誰も知りません。
監督も知りません。
だもんで、憶測すら書けません。ごめんね。

私は広島の生まれ育ちなので(広島県ミラノ市の生まれです)、子供の頃はカープの応援に勤しんでおりました。
歳をとっても、カープのファンで、常に応援している訳ですが、広島カープというところはお金がないもので、折角大きく育った若い株を他球団に売り渡して日銭を稼いでいるような有様に、最近はほとほと愛想も付きかけております。
ちなみに来季はエースと四番バッターがいません。どうなることやら。と言うか、この球団のファンというのはマゾっけが無ければ務まらない。と最近は思うようになりました。
地元の応援団は生活の一部(半分くらい)をカープが占めています。こんな状態ではきっと心穏やかに生活をする事など土台無理だと思います。

けれども、心の拠り所として、地元の球団があるというのは何よりも良い事だとも思います。
それが強いチームでなくともね。
いつもヒヤヒヤ、イライラさせられる球団ですが、長い間応援を続けているとそれが「故郷」のアイキャッチのようなものになるというか。

JFLからJ2への変遷は、ものすごくスペクタクルだったと思います!
そういう瞬間に立ち会える事は、アジアカップで優勝するのと同じように感動だろうなと思いますね。
我が飯能にも2部リーグのチームがありますが、町ぐるみで応援するような雰囲気がありません。宣伝が下手なのか、西武線の影響でサッカー文化が育ちにくいのか。
聡が通っているサッカー教室の横で、実はその2部リーグのユースの下部チームが練習をしているんですけどね。
横目で見ながら「どうなんだろ」と思ったりします。こういう町のチームが勝ち抜いて、小さくても栄誉が得られれば、市民もスタンスを変えるかもしれないですね。

来期は私のもう一つの贔屓チームであるサンフもJ2でお世話になります。
現在何でJ2落ちしたのか分からないほどのタレントを抱えておりますが、J2落ちした事で移籍の噂も(ちらほらどころでなく)あるので、それほど安穏とはしていられない状況でもあります。
サンフのサッカーはなかなかエレガントですよね。甲府もそう。時同じくしてこの両チームがJ2行きの切符をもらってしまいましたが、今のリーグではひょっとしたら、今風なエレガントなサッカーでは勝てないのかもしれないですね。

脱線しました(TωT)。

来期そんな訳で、J2が気になる私なんですが、気になって見ればACミカンの事も当然目に入ってくるでしょうから、併せて応援させていただきます。
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙がんがれ〜。超がんがれ〜。

あ、引用文まで送信してしまいました。
管理人様、前半消去お願い致します。
(TωT)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105107/17401204

この記事へのトラックバック一覧です: ACミカンへ (ACミカン=愛媛FC):

« 天皇杯 浦和VS愛媛FC | トップページ | 新年の豆腐。 »